顧客サービス部

わたくし松本廣喜が生涯尊敬する、昭和世代のヒーロー高倉健さん

わたくし松本廣喜が生涯尊敬する、昭和世代のヒーロー高倉健さん

武骨で口数は少なく、我慢に我慢を重ねて、やるときにはやる。義理や人情をのために自分を捨てる。そんな高倉健さんのような人間になりたいと思っています。

高倉健さんの有名な名台詞「自分、不器用ですから

わたくし松本廣喜も、IT化された現代では不器用の部類に入ってしまいそうですが、何歳になっても時代についていける「プレミアバンクのじいじ」を目指しております。

不器用な人と聞くと
●要領が悪い
●頭が悪い
●どんくさい

などネガティブな言葉に感じてしまいますが、アンケートなどを取ると「不器用な人=真面目な人柄」というプラスイメージの回答も多いらしいです。

この歳ですから関係ないですが、結婚するなら器用なイケメンよりも不器用で真面目な男性の方が人気があるという意見も多いようです。

また不器用な人は、器用な人より失敗が多いため、自分の失敗に向きあうチャンスが多いので沢山の努力をします。

高倉健さんも下積み時代に、一流俳優なるために沢山の失敗をこやしにして成長してきたかと思われます。失敗が怖くて何もしなければ三流です。

新しいことにどんどん挑戦し人生を楽しんでまいります。

そしてわたくし松本廣喜は、株式会社プレミアバンクとお取引のお客様に直接お会いして、沢山のご相談対応をさせていただき、顧客満足度を高められるように努力し続けます。

これからも「不器用な人=真面目な人柄」にこだわった顧客サービスを続けてまいりますので、よろしくお願いいたします。

株式会社プレミアバンク顧客サービス部 松本廣喜

0120-114-516

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です