顧客サービス部

「孫の日」と孫の運動会

毎年、10月第三日曜日は「孫の日」だと言われていますね。
日本百貨店協会が制定し、日本記念日協会の認定も受けているそうで、既に20年近くの歴史があるとの事、バレンタインデーとホワイトデーに絡めて、敬老の日に対するホワイトデー的な事で制定されたとも言われているようです。色々な記念日があるんですね。

「孫」と言えば、私にも嫁いだ娘に小学2年の男の子と、年長の女の子がいます。
その年長の女の子の運動会が9月末に有りました、幼稚園最後の運動会、リレーに選出され、しかもアンカーを努めるとの事、孫の勇姿を見届けようと金曜日お休みを頂き用意万端でした。

そんな時、母親である娘が運動会の前日になり緊急入院の一報「オジジ達が来てくれるならお母さんいなくても頑張るから」と健気にも気丈な電話をくれましたが心細げな感じを抱きつつ、娘の詳細も分からなかったので、とりあえず弁当を作って持って行こうとカミサンが大奮闘。翌朝3時起きして早々に高速へ。

1時間半程で諏訪湖PAに到着し休憩しながら朝食でも、と軽装で降りたった途端、寒気が全身を走りいっぺんに風邪引き状態になりました。「だから言ったでしょう」とカミサンに馬鹿にされつつ、6時過ぎには長野の娘のマンションに到着しました。

早速孫を着替えさせ、出陣体制が完了。娘は扁桃周囲膿腫とかいう病状で扁桃腺肥大の人がかかりやすい膿が溜まる病だそうです。膿を取り出せば2・3日で退院出来るとのことで一安心、娘の旦那と共に会場へ出発しました。

孫のはつらつとした動きに目を細めながら、ファインダーを覗き、リレーで前を走る者を抜こうと必死に走る姿を見ながら、風邪の熱だけでは無く、目のあたりが熱くなるのを感じ、素敵な時間を過ごせました。

翌日は、お決まりのトイザラス、帰りは自分の頭と同様すっかり財布の中身はさみしくなりました、帰路助手席のカミサンはやけに静かだなと思い、見るとスヤスヤと休んでいて「昨日からの疲れもあったんだろう」と、安全運転で帰りました。

来年は、息子も身を固める、これからは「カミサンと二人だけの生活になるんだな」と思うと寂しさもあり、又違った意味での責任感を感じ「健康」で何時までも守ってあげようと、孫の成長を見届けながら頑張ろうと思った孫の運動会でした。

株式会社プレミアバンク顧客サービス部 松本廣喜

0120-114-516

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です