顧客サービス部

「顧客サービス部」 顧客満足と相性

私ども、株式会社プレミアバンクは代表取締役真山壮が約10年の歳月をかけ、築き上げたプレミアスタイルを礎として、この11月で7年目を終え、8年目の一歩を踏み出す事ができます。

コンサルタントとしての担当者が、お客様お一人お一人、点と点としての結びつきの積み重ねにより、300名様を優に超えるお客様にご愛顧頂き、線と線の結びつきとなり「信用」という社員一体となった面としての「信頼」を頂き今後も一歩一歩、着実に歩み続けます。

私ども顧客サービス部は、コンサルタントを含むプレミアバンク社員全員がお客様と共に
「顧客満足と利益の追求」を目標として歩むため日々活動しています。

私達には、「顧客満足と利益の追求」と言う明確な目標があります、ですが、到達点はありません。何故ならば、「お客様満足」は数字で計れるものでは無いと思っているからです。

日々、様々なお客様から頂くご意見、ご希望に真摯にお答えし、出来る事と出来ない事を明確にお伝えし、厳しいご意見や叱咤激励を頂戴しながらの日々です。

ですから、300名を超えるお客様お一人お一人にご満足頂ける為には、と日々、社内ミーティングを行っています。

やはり人と人、そこには「相性」と言う壁があります。

お客様にご無理が無く、安心してお付き合い頂けるように顧客サービス部としても、コンサルタントという担当者としても「お客様第一」を考え、今後は「相性」の点からも「顧客満足」を第一に、そして大切に「顧客満足と利益の追求」を、全ての人にご理解頂けないかも知れませんが、到達点のない目標に向かって力強く一歩一歩、全員で歩んで参ります。

株式会社プレミアバンク 顧客サービス部 松本廣喜

0120-114-516

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です